電磁波対策
HOME >  電磁波対策  > 電磁波による頭痛
  • ○パソコンすると目が疲れませんか?

    電磁波による目の疲れです!
    姿勢の悪さもありますが、それだけではありません。
    (疲労感や目や頭の不快感が出ることがあります)

  • ○テレビを近くで見ると目が悪くなる?

    電磁波によるものです!
    (蛍光灯も同じで、近づくと体によくありません)。

  • ○携帯電話は体に悪い?

    欧米では2ミリガウス以上で体に悪影響がでるといわれています!
    (携帯電話は200ミリガウスです 【*ミリガウスは磁界の単位】)

  • ○電子レンジは体によくない?

    有害電磁波により食品の質が劣化し、低いエネルギーの食品になります。

頭痛

頭痛の原因は血管収縮性のもの、神経性のものが一般的ですが、原因のわかりづらいものとして、電磁波によるもの、眼底のうっ血によるものもあります。

  • 1.電磁波による頭痛

    蛍光灯やパソコンなど電気機器から発する有害電磁波は目に見えず、感知することは大変難しいです。 日本での対応は遅く、有害無害は不明といわれますが、海外では<2ミリガウス以上>で有害とされています。
    日本ではやっと携帯電話のかけすぎが良くないといわれている程度です。

    電磁波はまず、目にダメージを与え、目の疲れ、ちらつき、目の奥の重感や痛み、さらに頭痛を起こします。また心にも同じくダメージを与え、集中力の低下や不快感、やる気がなくなったり、うつ状態にもなります。ひどい場合は吐き気がすることもあります。

    電磁波の有害範囲は<4m>に及び、近づくほど害が大きいです。
    蛍光灯をつけ40~50cmの距離に頭を置き立ってみてください。
    2~3分でいやな気分になります。
    電球で同様の実験をしてみてください。・・・はっきりしますよ。

    *パソコンなどは電磁波カット装置をつけてください。

  • 有害電磁波の図

    有害電磁波の図
  • 2.眼底のうっ血による頭痛[めまい、眼圧亢進など]

    長い間にわたって頭にうっ血性成分や重金属、有害物が蓄積した結果と思われます。一見すると顔に浮腫や紅潮(赤み)がよくみられ、同時に肝臓が悪化しているケースが多いようです。
    【下図の赤色部】に痛みや重感もあり、ひどくなるとふらつき感やめまい・吐き気を感じ、視力低下を起こしたり、思考力の低下を起こすこともあります。
    【赤色部】は悪化するにつれ広がってゆきます。(下図)

    * 化学薬剤を続けている方、化学物質が入りやすい環境にある方、お酒を飲みすぎる方、特に注意してください。

  • うっ血しやすい部分

    うっ血しやすい部分